備えあれば憂いなし|土壌汚染調査をするべき

強度をあげる理由

地面

地盤調査とは、その地盤の上に建造物を建てても大丈夫かどうかを判断する為、地盤の強度を測る事です。主な調査方法は、地面の一部に鉄の棒を打ち込んだり、ねじり込んで堀り進めて行くことができるようになるでしょう。

Read More..

沈下の恐怖

男性作業員

いくら丈夫な建物を建てても建物が建てられている地盤が弱く軟弱であればどうなってしまうかご存知でしょう。また、軟弱な地盤に建っている建物はその重みで沈下し建物が傾いたり、地震などで簡単に倒壊してしまう恐れがあります。

Read More..

備えをしっかりしよう

ヘルメットと筆記用具

適切な地震対策について

地震の備えは十分に行っているでしょうか。まずは、現状を正しく知ることが重要です。近い将来に地震を始めとする災害が起きることが想定されています。ですから、大きな被害に合わないためにはそのための準備をすることが大切なのです。それでは、どのようにすれば現状を正しく知ることができるのでしょうか。今回は、地盤調査をお勧めします。地盤調査とは、建物などが立っている地盤がどのような状態になっているのかを知るための調査となります。地盤調査を行うためには専門の調査会社に依頼をする必要があります。資格や経験を持っていない素人では行うことができませんので注意をして下さい。まずは調査を専門に行っている企業に相談をするようにしましょう。

注意しなければならないこと

地盤調査を行っている会社は複数あります。したがって、どのような企業でも良いと考えがちですがそうではありません。それぞれの調査企業には独自の特徴があります。それらの特徴をよく踏まえた上で調査会社を選ぶようにしてください。そのためには情報収集を行うことが欠かせません。インターネットには地盤調査会社のホームページがありますので、そういった情報をよく集めて精査するようにしましょう。地盤調査会社のホームページを見ることで、その会社がどのような特徴を持っているのかを知ることができます。地盤調査にはどのくらいの費用がかかるのかも知ることができるでしょう。このようなことを知るためにも情報収集が欠かせないのです。

メールで質問する

土壌汚染調査を行なうには、専門業者に問い合わせることが必要になります。そのためには、ウェブサイトにアクセスして、メールに必要事項を記入して送信するといいでしょう。そうしておけば、後日返事が返ってくるので便利です。また、電話の場合、受話できないシチュエーションがでてきますが、メールであればどこでも返事を受け取ったり、送信したりすることが可能ですので、こういった機能を駆使して土壌汚染調査をするといいでしょう。

事前に調べる

工事現場

建物が丈夫であっても、地盤が弱いとなると地面が沈んでしまうことがあるので、しっかり工事をしておくべきです。他にも、調査方法により、高いもので25万円前後するものもあるので、事前に調べておくといいでしょう。

Read More..