備えあれば憂いなし|土壌汚染調査をするべき

強度をあげる理由

地面

地盤調査の主な方法とは

調査結果により、土の性質が判れば、地盤改良の必要性の有無および適した方法が安全面や費用面で有用性があるか検討します。住宅の基礎や構造がどんなに丈夫であっても地盤が弱いと不同沈下等がきっかけととなり建物が傾いてしまいます。宅地の地盤強度を調べる方法は、スウェーデン式サウンディング(SWS)試験です。スクリューポイントを付けたロッドの頭部に荷重を加えて貫入の状況に応じてハンドルにより回転させて測定します。機械を用いるので効率的で業務が進み、作業者の技術力に関係なく短時間で正確な地盤データの取得できます。RC造の建物等に使われる標準貫入試験も地盤調査では一般的です。土の硬軟や締まり具合を判別し、土の種類や地層構成を調べます。あわせてボーリング調査を行い、土の採取を行う事が多い方法です。

本当は怖い不同沈下

建物に保証が付くように、地盤にも保証が付けられます。もしも地盤に起因した不具合が生じた際は、保証機関が責任を持ち、地盤および建物の原状回復を行う義務があります。不同沈下の発生防止の為に、最初に地盤調査の段階において信頼のおける診断結果を得る必要があります。また、壁にヒビが入ったり、床が傾いたり、窓や引き戸が開きにくくなったりした場合、不同沈下の可能性が高いと言えます。せっかく地盤調査や地盤改良を行ったのに、建物の傾きが生じた場合、腐食土層や強度不足等の原因が考えられます。今後、気になった土地を見に行った時に、地盤の問題を未然に回避する為のポイントが幾つかあります。まず、周辺に川や池、湿地等の有無や、土地に面した道路に亀裂や窪みといった現象が起きてないか、埋め立て用地ではないかといった確認をします。また、「田」「川」「池」「沼」「水」「沢」等の水に関連する地名も要注意です。周辺との高低差や隣接しているもの等、目視したり地名といった簡単な事柄ですが、地盤の軟弱度が見え隠れしています。古家が残っていれば壁面のチェックも可能です。更に役場で近隣のハサードマップや地盤データも確認できます。