備えあれば憂いなし|土壌汚染調査をするべき

沈下の恐怖

男性作業員

一般住宅に行われる地盤調査の主な種類

自分が住んでいる住宅の地盤が強固なものであるのかを調べる方法としては地盤調査があります。地盤調査を行うことにより軟弱であると判断されれば地盤改良工事を行いより安心して住むことができる家にすることができます。地盤調査を快適に利用するためには地盤調査にはどのような種類があるのかを知る必要があります。住宅の場合に行われる一般的な種類としては、スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)とボーリング調査、表面波探査法があります。SWS試験は先端がキリ状の器具を使って行われる調査でドリルのように地層に推し進めていき、25センチ下がるのにハンドルをどれぐらい回転させたかで強度を測ります。ボーリング調査はレイモンドサンプラーを地中に打ち込む打撃回数で地層の硬さを知り、土を採取することで地層を知ることができるものです。表面波探査は振動波により地層の硬さを知るものです。

調査にはどれぐらいの費用が掛かるのか

地盤調査は快適に暮らしていくためにはやはりやっておくべき調査の一つです。一般的に調査の種類や調査を行う土地の広さにより費用は変わってきます。スウェーデン式サウンディング調査が安価な地盤調査の方法であるといわれており、相場が6万円から7万円ほどとなっています。一般的に四隅と中央の調査を行い1か所30分ほどで調査が終了します。調査費用が高額になってしまう調査方法としてはボーリング調査があります。調査には広いスペースが必要で、機械も大がかりになるので費用が高くなるといわれています。相場は20万円から25万円といわれており、鉄筋コンクリートなど重量の重い建物を建てるような地盤に利用されることが多いです。